ペットのこころ

ペットフードの安全性

犬 ペットフードは必ず安全なのでしょうか?

安心の国産・無添加のドッグフード

2007年にアメリカで大ニュースにもなった、ペットフードのリコール問題。多くの犬や猫などのペットが死亡した、悲しい事件でした。

日本では、このアメリカの大規模なペットフードのリコール問題を受けて、ペットフードの安全確保のために、新しい法律が公布されました。

「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」は、簡単に言うと、ペットフードの安全性をしっかりと見直しましょうという法律です。

この放置流布亜、農林水産省と環境省が共同で管理する法律です。2008年6月に成立しました。 ペットフードの基準を設定する事で、規格に合わないペットフードや、有害物質を含んでいるペットフードなどは、製造販売だけでなく、輸入する事も禁止するようです。

無添加のペットフード

また、ペットフードのビジネスを始めようと考えている方は、しっかりとした届出や帳簿の記載などが、今まで以上に厳しく義務付けられる事になります。 違反者には、当然、法律で定められている罰則も課されるのだそうです。

これまでは、ペットフードは自主的な基準によって定められたライン引きにしたがって、賞味期限や原材料などが表示されていました。ペット業界団体の『ペットフード公正取引協議会』が、その管理などを行っていました。

猫ペットフードも人間の食品同様に、保存が利くように保存料がタップリ入っていたり、酸化防止剤、合成着色料などがふんだんに使われ、見た目の美しさなども競争されていたようですね。

見た目の美しさはペットにはあまり関係なく、飼い主に向けた営業アピールだったようです。

酸化防止剤や合成着色料などが食品に入ることで、化学物質が含まれているのと似たような状態になり、発がん性物質に変わることもあるのです。

特に、動物性脂肪を使用しているペットフードなどは、熱に弱く酸化しやすいという特徴がありますので、ペットフードも、何でも良いというわけではないのです。

酸化防止のために、更に添加されているのがブチルヒドロキシトルエン(BHT)やブチルヒドロキシアニソール(BHA)などの成分です。

人間の食品にこういった添加物が含まれている場合には、食品基準法によって記載が義務付けられていますが、ペットフードの場合には義務付けられていないので、表示されていない場合もありますから、注意が必要ですね!

安心の国産・無添加のドッグフードは犬猫自然食本舗

ペットフード

ペットと一緒に旅行♪

ペットのこころ〜ペットがいる暮らし

Copyright (C) 2007-2012 ペットのこころ. All Rights Reserved.