ペットのこころ

ペット保険加入の際には、自分のペットがカバーされているのか確認

ペットのための医療保険といえば「ペット保険」。

ペットが怪我や病気などで動物病院にかかった際にペット保険でカバーされるので自己負担が少なくてすむというとても便利な保険です。

ペット保険といっても、ペットの種類によって保険の扱いが代わってくるので注意が必要です。

犬や猫などはペット保険としてはとても一般的なペットですが、ペット保険などでは取り扱っていないペット、例えばハムスターやフェレット、ウサギやリス、鳥などもありますから、ペット保険に加入する際には自分のペットがきちんと保険でカバーされるということを確認したうえで加入するようにしましょう。

ペットの年齢によっても保険料が変わります

ペットの年齢によってもペット保険の扱いが変わってきます。

例えば犬や猫の場合には、加入できる年齢は8歳から11歳程度までという設定が一般的ですが、中には老犬でもOKというペット保険もありますから良くリサーチしてみてくださいね。

ペット保険では、怪我や病気で動物病院にかかった場合にはたいていの場合カバーされますが、中には、カバーされないケースもありますから、ペット保険に加入する際には前もってしっかりと保険内容を確認しておく事が大切です。

犬や猫に良く見られる症状、例えば嘔吐や下痢、皮膚病や寄生虫、口内炎などの場合にはほとんどがペット保険で保障されているようなので安心ですね。。

ペット保険も一括資料請求が便利

以前はペット保険といっても共済的なペット保険が主流でしたが、金融庁が認可したペット保険が最近では増えていて、ペット保険でも保険内容で選べる選択肢がずいぶん増えたことは嬉しい事ですね。

日本で最初に金融庁が認可したペット保険はアリアンツのペット保険。

犬用と猫用に分類されているこのアリアンツのペット保険では、補填割合が50%〜100%の中で3種類に分類されています。

ペット保険の相場

ペットにかかる医療費には、ペットの種類や健康状態、また年齢などによっても大きく違いますし、かかりつけの動物病院によっても大きな差がありますが、一般的にはペットの医療費といえども毎年高くなっていく傾向にあるようです。

平均的なペットの医療費は、犬の場合に年間5万円、猫の場合には年間3万円とかなり大きな額なのですが、ペット保険に加入する事で平均3万円程度はカバーされるそうですから、ぜひペット保険に加入する事をおススメします。

また月々のペット保険料の平均相場ですが、小型犬は1800〜2500円、大型犬でも2000〜3000円くらいのようです。もちろん年払いもできますし、犬の健康状態に合わせて使用されてみてはいかがでしょうか?

ペットと一緒に旅行♪

ペットのこころ〜ペットがいる暮らし

Copyright (C) 2007-2012 ペットのこころ. All Rights Reserved.