ペットのこころ

ペットが亡くなった時・・・

ペットが家族の一員として生活するようになった昨今では、ペットのいろいろな部分が人間化してきました。

宿泊施設や住宅事情もそうですし、また死亡した場合の埋葬方法も人間のような火葬が主流になってきました。

ペットの寿命は私達人間の寿命よりも短いので、飼っている間にペットがなくなってしまうということも当然よくあります。

ペットが亡くなってからあたふたするのではなく、生前から、埋葬や火葬などのお葬式の情報を入手しておくと、万が一の時に慌てずに済みます。

突然のペットの死では動揺してしまいますから、心が落ち着いている時に、ペットを暖かく見送ってあげる火葬場やお葬式の場、そして墓地などの情報を得ておく事はとても大切な事でもあります。

ペットロスの悲しみを癒し克服する方法

ペットを火葬する際には業者に連絡を

ペットの墓地も最近では珍しくなくなってきました。

私が子供の頃に飼っていた犬も、18年の犬生の後に大往生しましたが、やはり家族の一員でしたから火葬をし、ペット墓地に犬のお友達とともに眠っています。

そういった業者はイエローページなどで簡単に調べる事ができますし、火葬を希望する場合には移動式の火葬車で迎えに来てくれるケースも多いので、ぜひ調べてみてくださいね。

ペットを火葬するにも埋葬するにもプロに任せましょう

ペットの火葬や埋葬に当たるのはしっかりと教育を受けたプロなので、安心して任せる事もできますし、ペットの火葬には合同火葬をする場合もあれば、個別火葬をする場合もあり、個別火葬の場合にはそのペットのみを火葬するので、火葬の後に骨を拾うこともできます。

ペットの火葬の後は、遺骨はペットの共同墓地に埋葬され、ペットたちは安らかに眠る事ができるというわけです。


ペットロスの悲しみを克服する方法

ペットと一緒に旅行♪

ペットのこころ〜ペットがいる暮らし

Copyright (C) 2007-2012 ペットのこころ. All Rights Reserved.