ペットのこころ

ペット火葬の料金はペットの大きさで決まります

ペットが家族の一員として生活するようになり、ペットがなくなった際の埋葬方法も人間のような火葬を希望する家族が増えています。ペットの火葬には、合同で火葬する方法もあれば、個別の火葬もあります。

まず合同で火葬を行う合同葬の場合には、他のペットたちと一緒に火葬をされるため、骨を拾ったり火葬に立ち会ったりする事はできないのが残念です。

火葬費用はペットの体重や大きさなどによってことなりますが、個別に火葬をする場合と比べると安価で火葬を行う事ができます。

ペットを火葬の種類:個別葬・合同葬・自宅葬

そのペットだけを火葬してもらう個別葬。火葬場にペットを搬送して、そこで個別の火葬を行ってもらう事ができます。

この場合には火葬に立ち会うこともできますし火葬の後に遺骨を拾う事もできます。

合同葬と比較するとお値段は少し高めですが、個別葬を希望する家庭はとても多いようです。

この場合にも火葬料金はペットの大きさや体重などによりますが、合同葬の場合よりは高めになります。

骨を自宅へ持ち帰る事ができる火葬は、御立合い葬とも呼ばれていて、遺骨を拾わない火葬法と比較すると、1万円から2万円ほど割高になります。

また、自宅へ火葬車で来てもらい、自宅で火葬および葬式を行う方法もあります。この方法は自宅葬と呼ばれています。

ペット火葬の費用の相場:城東動物霊園の場合

東京都江戸川区にある城東動物霊園の場合の火葬費用をご紹介しましょう。

小型ペットの部類に入るのはインコやハムスター:8400円

少し大きなモルモットやフェレット:12600円

猫やマルチーズ、ヨーキー、ウサギなどの大きさ:21000円

それよりも大きなペットで15キロ未満の場合(中型犬):26500円
※中型犬には柴犬やバグ、大きな猫などが含まれます。

25キロまでの大きな犬(準大型犬):31500円
※準大型犬にはシェルティーなどが含まれます。

25キロを越えて35キロ程度までの犬(大型犬):42000円
※大型犬にはハスキーやラブラドール、ゴールデンレトレーバーなどが含まれます。

火葬費用には斎場使用費や骨壷、カバーなどが消費税込みで全て含まれています。


ペットロスの悲しみを克服する方法

ペットと一緒に旅行♪

ペットのこころ〜ペットがいる暮らし

Copyright (C) 2007-2012 ペットのこころ. All Rights Reserved.