ペットのこころ

ペット共同墓地を選ぶ際のポイント

ペットの火葬を希望する家庭が増えた昨今では、ペットのための共同墓地が急増しています。

イエローページなどでペット葬儀やペット霊園などを探しても、いろいろな霊園や葬儀社を見つける事ができるようになりました。

ペット霊園や葬儀社を選ぶにあったって、いくつか注意しておきたいポイントを挙げてみましょう。

ペット葬儀社やペット霊園などによって、取り扱うサービスや火葬方式が異なったりするので、あらかじめ調べておく事が大切です。

個別火葬を希望しているのに、行ってみたらその葬儀社では合同火葬のみを扱っていた、なんて事も良く耳にしますから、あらかじめペットが元気なうちにしっかりと下調べをしておきましょう。

ペット共同墓地と個別墓地

以前はペットがなくなると庭や裏山などに埋葬するというスタイルが主流でしたが、都心などでは庭もなければ裏山もないという家庭が多く、そういった住宅事情からペット火葬が普及していったようです。

また、ペットとはいえ家族の一員だから、火葬にして遺骨を埋葬したいと希望する家族が増えたこともペット葬儀社やペット霊園ビジネスがここまで大きくなった要因なのではないでしょうか。

ペット霊園でも共同墓地のほかに個別墓地などもあり、永代墓地の場合には7万円から8万円ほどの費用がかかりますが、それでも個別のお墓を希望する家庭が非常に多いそうです。

永代墓地の場合には、このほかに毎年管理費用がかかりますから、永代墓地を持つと人間の墓地のようにお金がかかる物なのですね。

こういうこともあり、共同火葬で共同墓地を希望する家庭も多いのですが、共同墓地でも、ペットにとっては友達と一緒に眠る事ができますからさびしい事もなく、それほど悪い選択肢でも内容に思います。

ペットが生きている間に近くの霊園や共同墓地を見つけておきましょう

ペットが生存している間に、近所の霊園や葬儀社などを探しておく事が大切ですね。

お墓参りにも気軽に行けるような自宅の近くで霊園などを探すほうが便利といえるでしょう。

共同墓地でもお花を持っていったりお線香を挙げることは可能ですから、費用という面では個別の永代墓地と比べるととても安く済みますね。


ペットロスの悲しみを克服する方法

ペットと一緒に旅行♪

ペットのこころ〜ペットがいる暮らし

Copyright (C) 2007-2012 ペットのこころ. All Rights Reserved.